収入証明不要でキャッシングできる人とできない人

収入証明書ってどうしても提出しなきゃいけないの…?
わざわざ源泉徴収票用意するの面倒…
できるだけ早く借入したいんだけど…

皆さんは「収入証明書」が必要だと聞いて、そんなことを感じたことはないでしょうか。カードローンの申し込みでも貸付額が一定以上の場合は、提出が義務付けられています。

その基準は消費者金融、銀行でそれぞれ異なっています。申し込みの際にはその基準に従って提出をしなければいけませんが、その基準とはどのようになっているのでしょうか。

その基準の説明とともに、面倒に感じるユーザーの皆さんの手間を思って、できるだけ提出しないで申し込みができる方法もご紹介したいと思います。

そもそも収入証明書は何のために?【必要書類一覧を確認】

収入証明書類とは、あなた個人の収入を公に対して正確に説明ができるものです。証拠能力が高い書類ですので、返済能力はほぼ確実に計れるのです。

カードローン会社としてはできれば提出して欲しいのが本音ですが、ユーザーの皆さんにとっては請求の手間が生じるだけに…。

まずは収入証明書の一覧を確認しましょう。

キャッシングの必要書類
【収入証明書】
✓直近3ヶ月分の給与明細


✓源泉徴収票


✓住民税決定通知書類


✓確定申告書


✓所得証明書


✓給与明細書(直近2ヵ月分)


収入証明書の目的⇒「収入確認」

カードローンの審査は反社会的勢力でなかったり信用情報に問題がない方であれば、大事なことは返済能力が有るか無いかです。

収入証明書類を見れば直近の収入はわかるので、できれば提出はしていただきたいはずです。ただ、顧客満足からすれば手間が
掛かるために少額であれば現状では、必要ありません。

証明書不要でも正確な申告を

収入証明書類はそれだけ効力があるわけですが、不要とは言っても、ウソの年収を申告は絶対にしてはいけません。

勤務先や役職、在籍年数などで、これまで蓄積された膨大なデータから年収はほぼわかります。そのために、絶対にバレてしまうのです。

信用できない人物だとして審査結果は不合格になります。

消費者金融と銀行!収入証明書の提出条件の違い

収入証明の提出基準は、消費者金融と銀行でまったく異なっています。消費者金融は法律の縛りによって義務付けられており、全社横並びです。

一方で、銀行は縛りがないために各行が自主的にサービス競争をしており、銀行ごとに違います。

消費者金融は50万円以上で提出

借り入れ希望額が50万円に届くか届かないかで、違います。

これは貸金業法で定められているもので、年収の3分の1を超えた貸付はしてはならないという総量規制があるためです。

50万円を超えるか、もしくは複数の貸金業者からの借り入れが100万円を超える場合は、提出が義務付けられています。

銀行は100万円以上で提出

消費者金融に対して、銀行法が管轄する銀行には貸金業法は関係がないために、提出か不要かは各行が自主的に判断をしています。

収入証明の不要な基準は、おおむね100万円から300万円くらいの範囲に納まっているようです。

収入証明書不要を基準に申し込み先を考えると

ハッキリ言って、収入証明書類は請求が手間だということはよくわかります。
皆さんやはり手軽にキャッシングしたいに決まっていますから、できれば不要な方法 をご案内したいと思います。

消費者金融で50万円未満の少額借り入れを基本に考えながら、銀行でご自身の条件に合うものを選ぶと良いでしょう。

もちろん、即日借入を確実にしようという点でも消費者金融は有利ですので、その要素を優先するならば、借入額が少額なら消費者金融を選びたいところです。

収入証明が「不要になる専業主婦」「不要にならない個人事業主」

収入証明が不要かどうかは借り入れ希望額で決められています。

ただ、属性によって提出義務の有無が決まる人もいるので、その点を最後に整理しておきます。

自営業者や会社社長

少額の借り入れの場合でも提出が求められます。

世間的な目で見れば職業柄かなりの富裕層の方もいらっしゃいますから意外と受け止められるかもしれませんが、役員報酬は自分で自由に決められるも同然なので客観的に特定することが難しいからです。また、用途が個人のものか法人のものかは厳しく聞かれます。

専業主婦

専業主婦の方は収入がないので、大手消費者金融各社ではそもそも申し込みを扱いません。

消去法で銀行に申し込むほかありません。 返済能力はご主人の収入がベースになりますが、収入証明が不要です。そのかわり借入額は少額に制限されているようです。

【まとめ】収入証明不要で選ぶならまずは銀行へ

収入証明書類が不要かどうかで申し込み先を考える方がいるならば、まずは銀行を選ぶべきでしょう。

不要の限度額が100万円以上のところも多く、借入も希望額も多くできます。
また低金利である点も銀行を選ぶ要素になります。

ただし、どうしても即日で融資を受けたい場合は消費者金融に申し込まざるを得ませんので、50万円未満ならば収入証明は不要なので、その場合は有力な候補になります。

自営業者や会社社長の方は少額でも提出を求められますので、ご注意を。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です